Nbox+はキャンピングカー仕様?

先日Blogで紹介したNbox+のお客様が神戸より遥々来社頂きました。

Nbox+にルーフテント
Nbox+にルーフテント

こちらの家族はNbox+の利便性を活用し車中泊を楽しまれたようです。Nbox+は身長190cmの人が足を延ばして寝転ぶことができる唯一のタイプです。家族も増え車内にイレクターパイプを利用し二段ベッドを作られたようですが4人では狭い空間で息苦しささえ感じたと言われています。

Nbox+

そこで、弊社のルーフテントを選んで頂きました。利用は社内2名の車上2名と別れることにより大切なお車を変えずにキャンプスタイルを継続できることです。

ルーフテントを畳んだところ

Nbox+に搭載してルーフテントの方が小さいため違和感が全くありませんバランスOKです。

ルーフテント
ルーフテント

取付はオーナー様と一緒に行い取付時の注意事項や取扱い方法など合わせてご説明させて頂きましたがこれらの内容は付属の「取扱いマニュアル」に記載されていますので購入後からも読み返すことができます。今年はキャンプの練習し近い将来家族4名で北海道旅行へ行くのが夢と語って頂きました。

是非、安全運転で末永くルーフテントとともに旅を楽しんでください。

ありがとうございました。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (8) 共感 (1) まあまあ (0) そうは思わない (0)

豆炭あんかの威力。

もう3月となり桜の季節になりましたが朝晩はまだまだ冷えます。

そんな時、ルーフテントや車中泊、キャンピングカーなどでは暖を取るために色々な方法を考えるものです。

豆炭あんかの威力をご存知でしょうか?

注意することは「一酸化炭素」を出すことです。

この点を製造メーカに問い合わせた所、小さなテントでも1個の豆炭ならば人体に影響が出ることは考えられないとの回答をもらっています。

DSC_0113[1]

右はご存知豆炭あんかで左は豆炭です。

先ず、豆炭に着火するには普通にガスコンロの上で数分間火をかけて着火させます。キャンプでは厳しいですが「スーパー豆炭」はライターで一発着火ミスがありません(少々高い)ので便利です。

DSC_0114[1]

こんな感じで使います。

着火すると約12時間は燃えているので夕食あと7時ごろ着火すれば翌朝7時までは燃え続けることになります。実際朝7時まで暖かいとほんと熟睡できます。

DSC_0115[1]

高級シュラフや湯たんぽに頼っても良いのですが意外と簡単に高熱が得られる昔の知恵「豆炭あんか」を見直してもいいのかと思います。

しかし、二酸化炭素ガスの発生源であることを絶対忘れないでください。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (2) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (1)

事前予約のお客様の来社

徳島と神戸方面と遠方からの来社ありがとうございました。

ルーフキャリアを事前に取付て来社されたD5のお客様には商品確認の上ご購入頂きその場でお取付となりました。

三菱D5にルーフテントを搭載
三菱D5にルーフテントを搭載

SONY DSC

image

会社の前にはルーフテントAltair130が二台並んで早くもシーズン到来の予感です。しかしまだまだ朝晩は冷えます。防寒対策を忘れずにして楽しいキャンプを満喫してください。

お買い上げ、ありがとうございました。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (3) 共感 (1) まあまあ (0) そうは思わない (0)

HONDA フリード+に搭載しました。

今回のお客様は以前一度来社頂き商品を下見検討した結果弊社の商品を選んで頂きました。今日は立ち寄り先に行った帰りとあり午後4時頃からの取付となったため日暮れの作業となりご迷惑をお掛けしました。

HONDAフリード+に搭載
HONDAフリード+に搭載

フリード+はルーフバーの前後幅が600mm程度しか取れないのですがオーナー様がそれを40mm程広げての搭載になりました。

SONY DSC
SONY DSC

ちょっと手振れで画面が見にくいのですがフリード+でも2mの梯子で十分ゆとりがありジャストフィットです。この梯子は伸縮性なのでとても便利です。

これからの季節まだ朝晩は寒い日が続きます。シュラフなどは冬用のしっかりした物をお選びください。では、安全運転で楽しい思い出を沢山作ってください。

ありがとうございました。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (1) まあまあ (0) そうは思わない (0)

カセットガスホルダーを印刷しました。

キャンピングトレーラーのシンク下に収納していたのですが固定されていませんでした。そこでカセットガスを固定するフォルダーを印刷してみました。まだ、完成ではないので実車には取り付けていません。

カセットガスホルダー上部

これがカセットフォルダーの上部です。

カセットガスフォルダー底部

これは底部で最新版になり中央はくりぬいています。

カセットガス上部印刷

印刷はABS樹脂を使ってみました。

カセットガス底部印刷

底部はカセットガスより0.2mm程大きくしてスンナリ入るようにしています。

カセットガス利用2

実際に取り付けるとこんな感じになります。先端についた金具はカセットガスをLPガスのホースに接続するためのアダプターです。

取付はまだなんですがカセットガスにハメたら「カッチ」と音がしてフォールド感最高でした。しかし、キャンプ移動では相当な振動も入るので固定バンドなんかも想定する必要ありかと思います。

次回は実際に使ってみたいと思います。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (5) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

ジムニーJB23 カップフォルダー3D

ジムニーのJB23にある「前席カップフォルダー」がセンターコンソールの後ろにあるため運転中にペットボトルを取り出そうとすると体が不自然で取りにくいので3Dプリンターで印刷してみましした。

カップフォルダー

丁度、コンソールのサイドブレーキの間に挟み込んで使います。ペットボトルは500mmから600mmの物が丁度張ります。

1image

挿入口は「オレンジ」色で夜間でも見やすいです。またボールペンを差し込めるようにしてます。

4image

このようにボールペンとペットボトル以外の眼鏡でも入ります。

2image

スポーツグラスもなんとか収まる感じです。

これらは3Dプリンターで約10時間かけて印刷しています。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (8) 共感 (2) まあまあ (0) そうは思わない (4)

改良ドアキャッチ

昨日作成した「ドアキャッチ」は取付ると雄雌のパーツが不自然な感じでした。これはパーツの入力角度を90度で設定したためでした。そこで今回は片方のパーツに角度を持てせて作成してみました。

DSC_0065

これは左右ともに角度を付けてます。

DSC_0066

実際の取付はこんな感じで「入力角度」が良い感じでできました。当然ドアのキャッチ具合も良い感じです。

DSC_0067

ドアキャッチは昨日はドアノブの下に取り付けたのですが今回はドアの最上部に付けてみました。この位置であれば不用意に人への接触が防げるを言った理由です。このアイデアはFBの友達市村さんからのご提案でした。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

3Dプリンターでドアキャッチを印刷しました。

自作トレーラでキャンプに出掛けると気になっていたのがドアの固定方法です。以前使っていたトレーラにはドアキャッチが付いてた。購入先を探すのが面倒なので3Dプリンターで印刷してみました。

ドアキャッチを設計
ドアキャッチを設計

こんな感じで設計したのですが、事前に何例かの試作をしました。

DSC_0064[1]

最初はこんなのを考えたのですが球体を上手くキャッチ出来なかった。

DSC_0055

 

DSC_0056

結局、大小色々ためして

DSC_0058

この形で実際にトレーラに取り付けてみました。

DSC_0062

DSC_0063

こんな感じですが少しキャッチが甘い感じなので残念ですが再度作り直しが必要です。結構気に入った「ドアキャッチ」を作るのて時間がかかりそうです。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (2) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

3DプリンターでLED照明のシーリングカバーを作りました。

先日キャンプ用円形LEDランプのフォルダーを作ってみて結構照明が強く雰囲気が悪かったのでシーリングカバーを作ってみました。

SnapCrab_NoName_2017-1-16_12-14-13_No-00

素材は透明のABS樹脂を使います。

DSC_0020

LEDランプと作成したシーリングカバーです。このカバーはグルーガンで接着しました。

DSC_0024

カバー無しの状態です。

DSC_0023

カバーを取り付けた状態、光が柔らかくなって高級感も演出できそうです。

DSC_0022

カバーは1.5mmの厚みで印刷しているのでうまい具合に拡散されて大満足です。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (2) まあまあ (0) そうは思わない (0)

3D プリンターで作るLED取付台

3DプリンターでLEDの取付台を印刷しました。

元々、トレーラの主照明は12Vの蛍光灯式のライトを使っていました。

IMG_20161223_125057

中央上にある円形の照明です。これは何年も前に買込んだ12V用のキャンピングカー用照明でしたが出番がなくこのトレーラで使用したのですがやはり「暗い」

そこで3Dプリンター用で最近のLEDライトと交換を考えました。

SnapCrab_NoName_2017-1-14_17-7-52_No-00

LEDフォールダーですね。

IMG_20161223_125640

緑色のLEDライト中央の穴に今回作成したLEDを取り付けます。穴に入ると爪がLEDを保持する仕掛けです。

IMG_20161223_130042

実際に完成して取り付けるとこんな感じです。LEDを差し込むと「カッチ」と音がして気持ちよく保持してくれます。

IMG_20161223_125608

これは参考に以前の蛍光灯式のカバーを外して並べてみました。

蛍光灯はやはり暗いしもう出番はないと思います。

3DプリンターはFlashForge Dreamerです。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

(重要)ルーフテントの車検

ルーフテントを搭載した状態での車検が「不合格」になりました。

■過去数回車検に合格していたルーフテント搭載車両が「不合格」と言い渡された理由はルーフテントは「指定部品」に該当しないためです。以前は車検も緩い検査でしたが厳格化されたようです。

■また指定部品の「ルーフボックス」も検査時には「すべて空」の状態で行う必要があることと「明らかに手荷物の範囲を超えて積載が可能となる」の場合も「不合格」だそうです。

これは車検での話で公道では屋根に積んだルーフテントは「荷物扱い」なので問題は無いそうです。

■同様にルーフキャリアにセットした「サイドオーニング」についても同様「指定部品」でないので不合格。8ナンバー以外の3・5ナンバーの場合は「突起物扱い」となり多くの問題がありそうです

■車中泊ように車内に造作した場合も車体に固定されていない場合は車検時車外に出す必要があるようです。

上記について「法律的根拠」を調べたのではなく陸運局での照会で確認した事なので是非車検前にはご注意くださ。

 

指定部品とは(一般社団法人愛知県自動車整備振興会) http://www.aiseishin.jp/qa/shitei.pdf

 

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (5) 共感 (1) まあまあ (0) そうは思わない (4)

ルーフテント Altair80サイズをジムニーに搭載

ジムニーにルーフテントAltair80を搭載しました。

手前が

ジムニー2台にルーフテント80サイズ
ジムニー2台にルーフテント80サイズ

新しく搭載したジムニーで奥のは弊社のデモカーになります。

取付は80サイズなの一人でもできますが今回はお客様と一緒に行いました。

ジムニーにルーフテント80サイズ
ジムニーにルーフテント80サイズ

※弊社での取付作業はお客様と一緒に行うことにしています。

利点.将来車から降ろす時の練習にもなりますし、マニュアルを読む手間が省けるなどです。購入申し込み時「弊社渡し」をお選びください。

取扱い説明を含めて30分~50分が必要です。

ジムニーにルーフテント80サイズ
ジムニーにルーフテント80サイズ
この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (4) 共感 (1) まあまあ (2) そうは思わない (0)

ルーフテントの簡単取り外しのアイディア

多くのご利用者様はルーフテントを1人で取り外したりします。しかし取り外すには固定用のナットを最低4個緩め、さらに4個のナットを取り外す必要があります。このナットは緩み止め防止のナイロンナットなので結構時間が必要になります。

そこで、数名のオーナ様はナットにアダプター「ノブスター」を取付け工具を使わず手でノブを回す感覚で外しています。この方法をご利用されたオーナー様からの便りをいただいたのでご紹介いたします。

(注意)簡単に取り外せることで「悪戯」される可能性もあります。

————–(お便り)—————

2016年6月24日のブログに投稿。
「取付け」「取り外し」の作業が毎回伴うので簡単に出来るような
アイディアを求めたご報告です。

アドバイス、ありがとうございました。
ネット通販で商品名:ノブスターM8(49円/個。8個必要です)を購入。 樹脂のハンドルに六角ボルトをはめ込んで、キャップをすれば手で回す ボルトが出来上がり。(写真参照)

ルーフテント固定ボルトの交換
ルーフテント固定ボルトの交換

ラチェットレンチを使っての作業の半分ほどの時間と労力でルーフテントをキャリアに取り付け取り外しができました。 慣れれば一度に2個、両手作業も可能です。

ルーフテント固定ボルトの交換
ルーフテント固定ボルトの交換

これでお手軽に「取付け」「取り外し」の作業ができ楽ちんです!

ついでに私がやっている、お手軽な手順を紹介します。
ハシゴをかける、ラダー固定用バーの固定です。(写真参照)

ルーフテントの梯子用ポールの固定
ルーフテントの梯子用ポールの固定

マジックテープ(2.5×90cm)でルーフキャリアのバーに止めています。 固定というより仮止めですがきちんと巻けば、今までハシゴを掛けても グラついたことはありません。登り口サイドの変更も簡単です。以上、サポートありがとうございました。

———-ここまでです—————

最後のアイディアは初めてですが結構使えるのかと思います。

弊社ではユーザー様のアイデアなど含めてお便りお待ちしています。ご遠慮なくお聞かせください。

ありがとうございました。

 

ルーフテントジャパンに戻る

 

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (12) 共感 (1) まあまあ (2) そうは思わない (0)

赤城山ヒルクライムとルーフテント

ルーフテントの使い方は人それぞれだと思います。

こちらでのご紹介はご趣味で「自転車レース」への参加です。レース会場は全国いたるところで開催されます。自分のペースに合わせて会場入り出来るのも「ルーフテント」の醍醐味かとおもいます。

———————-(お便り紹介)——————————-

いつもお世話になります。
先週末は群馬県の赤城山で「第6回・赤城山ヒルクライム」に参加してきました。約3、500人の「坂バカ」達が集まり、自分の限界に挑戦しました。レース当日は久しぶりの「ピーカン晴れ」で真夏のような暑さでした!
赤城山ヒルクライム
赤城山ヒルクライム
赤城のレースの時は、道の駅「赤城の恵」がレーサー達の宿になります。ここは広~い公園、広い温泉とプール(水着着用)があり、平日・休日共に家族連れでいつも賑やかです。また、自転車で来た人には「タオル無料レンタル」のサービスもあります。
赤城山ヒルクライム
赤城山ヒルクライム
ルーフテントを手にした時から、私の生活が「ガラッ」と変わりました。宿の心配がないので、思い立ったら何処でも「車上泊」が出来るのはイイですねぇ。高速道路でも疲れたらサービスエリアで、車内を片付ける事なく休憩出来るのも嬉しいです。
ルーフテントでレース参加
ルーフテントでレース参加
レースの結果は満足のいくものでした。
50歳台:566人中23位でした。
—————————ここまで————————–
凄いですよ、彼の利用している自転車はマホガニー(木製)バイクです。過酷なレースに数々出場するだけではなく素晴らしい成績まで残しています。レースを楽しむために味付けにルーフテントがある感じが素晴らしい!
お便りありがとうございました。弊社では皆様からのお便りお待ちしています。
この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (5) 共感 (1) まあまあ (0) そうは思わない (0)

『Rod and Reel』創刊20周年!!ルーフテント130、80で参加しました。

PICA富士西湖で開催されたイベントに参加しました。

前日までの天気予報は一日曇りの天気でしたのでパンフレットも少し多めの準備で万全、主催者からは「天候回復」開催しますの連絡があり気分も盛り上がっていました。しかし、朝4時目が覚めて天気予報は「午前9時から雨」・・・・・

みなさんに会えると期待し新東名をひた走りでした。現地では沢山の来場者が入り口に溢れ雰囲気は最高、天候も曇りで雨は降っていません。

SONY DSC

設営は前回と同じ場所に設営させて頂きました。

SONY DSC

9時開始とともに沢山の方に見学に来て頂きとても嬉しかったです。ピークは11時ごろ本当に沢山の方に見て頂き感謝です。

SONY DSC

イベント会場のスタッフさんも屋台を抜け出し見て頂きました(笑)

SONY DSC

ルーフテントに寝っ転がり記念撮影ですね・・

ところが13時にもなると「雷鳴」とともに大粒の雨が雨が降ってきました。私も食事をしていなかったので車内で軽食を食べていると一組のご夫婦の方が見学に来て頂きました。しかし、強い雨が降っているので状況を説明をすると弊社のホームページを見て東京方面からみに来て頂いたとの事、嬉しかったのですが・・・・

しばしすると二組目の方が来店、やはり同様に東京方面からルーフテントだけの狙いとの事。折角なので一人用のルーフテントを出し雨降る中試し寝やテントの素材を手で確かめて頂きました。

弊社としても午後からの豪雨で沢山の方の期待を裏切りとても残念でしたが皆様と又お会い出来る事を心よりお待ちしています。

ありがとうございました。

 

ルーフテントジャパンに戻る

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (3) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

ルーフテントとランクル80奥飛騨温泉郷 平湯温泉の旅

今日ご紹介するオーナー様はトヨタランドクルーザ80でキャンプを楽しまれている方です。毎回頂けるお写真がとても良い感じでポスターにして飾りたいくらいです。

今回は「奥飛騨温泉郷 平湯温泉」でのキャンプ風景です。

トヨタランドクルーザ80とルーフテント 奥飛騨温泉郷 平湯温泉
トヨタランドクルーザ80とルーフテント

後部にはハーフテントでくつろぎの場所を作られ長期のキャンプでも楽しく過ごせそうです。

————(お便り)———————-

写真は、三連休の荒天にも負けず、奥飛騨温泉郷 平湯温泉の平湯野営場にてキャンプしてきた様子です。あの大雨でも、オアシスは雨漏り一つ起こさず、快適に過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
——————————-
キャンプ地での大雨て辛いですよね、しかし平湯なら「ひらゆの森温泉」や栃尾温泉郷に無料の温泉なんかも多いのでべつの意味楽しめる場所だと思います。
利用ユーザ様の楽しい旅のお便りお待ちしています。
この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (3) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (1)

ルーフテントのエントランスバーの使い方(2)

ルーフテントの入り口側は上に持ち上げるように

by OASIS
アルタイル130

向かって右側のフライシートのように行うにはマニュアルでは上部の鳩目穴みエントランスポールを差し込み、本体穴に固定する方法を紹介していましたが、この固定が安定せず風で外れてしまうことがありました。

手順を逆にして最初に本体穴にエントランスバーを差し込みます。この場合マニュアルに書かれているように30度程度傾斜させて挿入するのですが本体パイプの裏側にも穴があり貫通するような感じで(実際には貫通しない)で挿入します。

img00263

次にアウターテントの角にある鳩目穴にエントランスポールを入れます。

簡単で確実に設定ができると思います。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (3) 共感 (1) まあまあ (0) そうは思わない (0)

自転車レースのお伴にアルタイラ80がお似合い

今日は長野のお客様が大阪の帰りに寄って頂きその場で購入頂きました。

オーナー様
オーナー様

オーナー様は大阪のカーショップでターボエンジンコンピュータを交換し走りのアルトを手に入れたようです。エンジン音を楽しむ時はルーフテントを外してくださいね(笑)

アルトとルーフテント
アルトとルーフテント

アルトのエンジンルームには改造が沢山あり見ているだけでも楽しくなります。しかし、オーナ様は今回80サイズを選んだ本当の理由は「自転車レース」の参加だそうです。80サイズ横に「バイク(自転車)」が搭載できるアタッチメントが付いています。

自転車レース にルーフテント
自転車レース にルーフテント

私のジムニーにも同様に自転車搭載用のアタッチメントが取り付けられています。写真をクリックすると拡大されますので興味ある方は見てやってください。

レース頑張ってくださいね。

ありがとうございました。

ルーフテントジャパンに戻る

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (1) まあまあ (0) そうは思わない (0)

アルトラパンにルーフテントお便り紹介

スズキアルトラパーンと言えばヨウロピアンスタイルのオシャレなセダン型軽自動車です。この車はやはり街乗りをイメージするのですが「ルーフテント」を搭載すれば状況は変わり「キャンピングカー」に変身です。そんなユーザ様からのお便りを頂きました。

アルトラパンにルーフテント
アルトラパンにルーフテント
こんにちわ。
広島のMです。

8月16日~20日まで福島県へ家族旅行で遊びに行きました。
16日は丁度、台風7号を追いかけるかたちで片道12時間以上走りました。
16日の夜は高速道路のSAだったので、ルーフテントは展開出来ず、17日の夜は「道の駅ひらた」の駐車場でルーフテント展開しました。でも、その夜は大雨/雷/洪水 警報出てましたが、自分一人で朝まで寝ました。子供と嫁は狭い車内で寝ました。(写真無し)
18日の夜は「道の駅つちゆ」でルーフテント展開しました。この日も雨で自分は車内一人、子供と嫁はルーフテント(写真無し)やはり二日間連続で雨の中、テント展開すると染みてますし、雨だから網戸にも出来ないからテントの内側は結露まみれ(日中は移動ばかりで乾燥出来ない)
19日の夜、「道の駅 喜多の郷」やっと晴れてルーフテント展開し網戸も4面開き。それもここの道の駅喜多の郷は温泉も併設されてたので、行き交う人や車の注目の的でした。(写真有り)
ルーフテントは足を伸ばして寝れるとこが良いとこと簡単に展開でき折りたたみ時の重量が重く無いので軽四でも色んな所へ遊びに行くのが可能。
また、何処かへルーフテントと共に遊びに行けれたら写真送ります。

お便り拝見すると、連日雨は厳しい状況だったと思います。しかし室内への漏れ水はなさそうで安心しました。湿度が高い日は確かに結露が多いのですがテントでは避けられないと思います。雨での連泊時にはインナーテントのファスナーを全て閉じると室内マットへの入水が防げる場合があります。是非試してみてください。

アルトラパンにルーフテント
アルトラパンにルーフテント

上の写真は「ロードカバー」を外さずに屋根の上にロール状に巻いて保管された写真だと思います。確かにこの方法だと雨の日など短時間で収納したい場合など便利かと思います。

アルトラパンにルーフテント
アルトラパンにルーフテント

離れてみても違和感がないのでお勧めでもありますが屋根に傷が付くなど心配な場合は真似しないでください。(笑)

いづれにしても夏も終わり涼しい季節になります。是非、沢山の思い出を家族で作ってください。

弊社では皆様の「旅のお便り」を心よりお待ちしています。是非、ご投稿ください。

ありがとうございました。

ルーフテントジャパンに戻る

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (3) 共感 (5) まあまあ (1) そうは思わない (1)

旅にゃんこさんからのお便りです。

写真は「旅にゃんこ」さんの許可を得て利用しています。

先日、ご来社頂きルーフテントをご購入頂きました。今回は少々問題があっての来社です。実はご利用ユーザ様は東京のお住まいで駐車場の屋根がルーフテントを搭載した状態では入れる事が出来ないと言った理由からです。

結局、車庫は入らないと解り「旅」の都度取り外し保管する方法を選ばれました。以前も同様なお客様がお見えでしたが「80サイズ」での話(総重量19Kg)130サイズは総重量28Kg少々重いのですが二人で持てば部品を外さなくても持てる重さ!

何度も実際のテントを見て取扱いのシュミレーションをされていました。

ルーフテントと猫さん
ルーフテントと猫さん

清々しい青空に綺麗な山々そしてなにやら相談している「旅にゃんこ」さん

取り外しは面倒だけどお勧めの「ノブスター」を使って何とかなると・・・

旅にゃんこルーフテントを発見
旅にゃんこルーフテント

二人で決定、ルーフテントAltairを品定め!

くつろぐ猫さん
くつろぐ猫さん

え、何か?

寝心地はいいぞ!

そんな感じに見えます(笑)

ルーフテントとファンカーゴ
ルーフテントとファンカーゴ
ルーフテントと猫さん
ルーフテントと猫さん
ルーフテントから獲物発見?
ルーフテントから獲物発見?

なにやら自慢げな「旅にゃんこ」さんです。

心配していた取付け、取り外しですがご夫婦で解決されたようです。

(お便り)


さっそくお返事ありがとうございます。結局、ルーフテントを使って、大津と鳥取と2連泊いたしました。

快適すぎて、もう中途半端なホテルに泊まることはやめようとさえおもいました(笑)
ブログもご覧くださりありがとうございます。
家内が写真好きなので、かなり凝っています。
おほめいただいたことを伝えておきます。
とても喜ぶとおもいます。

さて本日の明け方、豪雨の中でしたが、東京に戻りました。
雨が止んだのを見計らって、さっそく朝8時ごろかOasisを取り外ししてみました。

もちろん、簡単ではなかったのですが、二人がかりだったので意外に短時間で終わらせることができました。

また、ご推薦いただいたように、プラスチック製の大きなナットをホームセンターでみつけたので差し替えようと思います。

収納については、防犯の意味もあって、自宅の駐車スペースではなく、勤務している会社のオフィスのバルコニーに置くことにしました。
エレベーターにもぎりぎり乗ってくれたのでよかったです。
また何かおたずねしたいことがあったらご連絡させていただきます!

 

無事ご自宅に戻られ先にシュミレーションした取り外しも上手く行えたようで一安心です。

これから新しい思い出のページが作られると思いますが安全運転でゆとりの旅を楽しんでください。

 

ありがとうございました。

ルーフテントジャパンに戻る

旅にゃんこさんのホームページを見る

 

弊社ではユーザ様からの「お便り」を楽しみにしています。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (5) 共感 (2) まあまあ (0) そうは思わない (1)

ルーフテントで冒険に出かけよう