トライアル大会はルーフテントで行こう!

ルーフテントを一人で搭載する場合には事前にロードカバーとアウターカバーそしてマットレスを外します。総重量約28Kgがこれで16~17Kgまで減少します。

Altairのテント生地は250デニールの厚み(普通のテントは80デニール)だけでも相当な重量になります。ロードカバーも分厚いターポリン生地です。

特に車高のある車では注意が必要です。以下に購入された方からのメッセージをそのまま掲載します。御覧くらだい。

ルーフテントの写真


昨日の朝、予定通りテントが我が家に届きました。ありがとうございました。 取り付け時の、「重いで」です。

①先ずは、冬の間外していたラックを、おすすめの90cm幅に取り付け。
かつ、テントを付けたまま、テールゲートを開けられるような位置にしました。(高さがあるので、結果的にはどこでも良かった)
②さて、屋根の上に・・・!
・独りで上げるので、車に傷をつけない様に、梱包してあった段ボール箱を立てかけてボディーを保護。
・ラックの上には、毛布を敷いて、乗せたテントをスライド出来るように。
・さて、よっこいしょと持ち上げましたが、けっこう腰に来ますが、前述の養生で上手く乗せられました。

③次は、ボルトで固定
・この時、屋根の上に毛布を敷いたままで天井の傷防止対策。
・取り付けボルトが長くて、天井に当たる・・・・・・・。
(予測はしていたのですが、ボルトを買いに行くにはテントを降ろさないと? ご心配なく、バイクでひとっ走りしてきました。)
・ボルトは、M-8、1.25、40mmでOKでした。
(屋根との隙間が無くて、ナットの取り付けは苦労しました。) ↑ ナットを上から締められると楽です。ただし、寝た時、ボルトに当たる可能性がありますが。

④取り付けが完了し、家の前で「アウトドア」・・・。
暖かい1日で、4時頃からビール片手に後片付け。充実した1日を過ごすことが出来ました。

5月の初めに、トライアル大会があるので、前日泊は屋根の上。楽しみです。

写真は、取り急ぎ携帯で写したものです。
とりとめのない想い出です。今後ともよろしくお願いします。

——————————ここまで——————————————

搭載にはご苦労だったと思うのですがこの経験が次回テントを降ろしたりする時には今より早く楽にできるかと思います。いづれにしてもトライアル大会頑張ってください、応援しています。

ありがとうございました。

 

※、トライアルマシーン格好いいですね、実は本格的ではないのですが私も若い時はまった時代がありました・・・・

 

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (2) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)