マツダ プレマシーに4年を経過した旧ロゴOASISを搭載しました。

弊社の倉庫棚卸に向け「四年間」皆様に見て頂いた展示車の次なるオーナー様が決まり引き渡しを行いました。

このルーフテントは旧ロゴ「OASIS」で今販売の「Altair」ではありませんが弊社で5年前から販売をしているルーフテントは基本構造(フレーム)のサイズが同一なためすべてのパーツに「互換性」があります。(この互換性が長年使うには重要です)

お客様に展示車の状態からロードカバー走行時に使うグレーのカバーや緑色のアウターテント、室内側のインナーーテントやハシゴ、キャンプセットを全て新品に交換しての販売でした。

しかし、お客様は展示車を見て「交換無し」で古い方は欲しいとの事、もちろん約束の交換用テント類はお付けします。(旧テントはプレゼント)

画像

5年目を迎えたOASISはロードカバーは堅牢で汚れはある物の現役としてまだまだ使えます。インナーテントについてはシームテープの浮きが目立つようになってきています。

※山岳の高級テントでも同様にシームテープは浮くため定期的なメンテナンスが必要にまります。

防水テープは剥離したばかりであればハンカチを当ててアイロンで接着できます。また、修理用のシームテープやステックなどがあるため修繕はできますが今回は「新品」のテントが付属しています。(安心)

画像

オーナー様は今回購入の経緯を「家族の成長」にともない車中泊で大人2名と子供2名が厳しくなったことだ言われました。このテントを購入されて趣味のレース観戦に行かれることを楽しみにしているようです。

安全運転で10年、20年OASISを活用してください。

ありがとうございました。

追伸

いづれにしても販売初期から5年を経過したテントのパーツが全て互換があることは顧客側からみても大きなメリットになると思います。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (5) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)