カテゴリー別アーカイブ: 健康とスポーツ

心拍状態の把握 NISSEI HR-70を使う

走りはして気になるのが心臓の状態です。初心者なんで突然心臓が止まってしまうのじゃないかとか色々心配もします。

NISSEI HR-70 心拍計
NISSEI HR-70 心拍計

そこで日本計測株式会社NISSEI のHR-70を買ってみました。この機種は時計型で人指し指にセンサーを取付け心拍数を計るのですが帰宅したらPCに接続して評価プログラムで見る事ができます。

指に付けるタイプなので一旦計測が始まれば結構正確に動作します。ただ、寒い日は動作しない時もありました。

有酸素状態
有酸素状態

軽く流す感じで走ると(このとき息は普通)上のように緑から黄色の範囲で心拍が納まります。

無酸素運動状態
無酸素運動状態

これは猛烈に走った時です。心拍数は上がり赤色の範囲です。これらは走っている時は時計の文字盤の色が変化し運動強度を伝えてくれる優れものです。

是非、興味があれば試してください。

 

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (0) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

ForeAthlete220J ランニングウォッチ

走り初めて3カ月くらいはスマホアプリを使っていました。

しかし、スマホアプリは充電が充分であるかとか走る時にウエストバックが必要だったり、GPSの捕捉が遅かったり(走る前数分間は受信待ち)でした。そこでランニングウォッチの購入に至りました。以前パラグライダーで飛んでいた時はやはりGarmin社のGPSを使っていたので迷わず220Jを選びました。

ForeAthlete220J ランニングウォッチ
ForeAthlete220J

この時計の文字フォントが実に綺麗でギザギザは目立ちませんし画面を3画面連続で表示できるので時刻、ペース、スピードを管理できます。

記録したデータはパソコンに接続して(スマホはバージョンが古かったので使えなかった)GaminExpressを使って転送しています。

この転送でRunKeeperには自動転送されRuntasic PROへは一旦GPSファイルに変換して取り込みますが問題無しです。ようはGPSウォッチを使うとスマホは持たなくてもデータは共有できる事です。

Garmin Connect
Garmin Connect

GaminExpressの利用画面の参考に乗せますが、スマホと違う点は歩幅やピッチの管理ができることです。

これらの機能で初心者でもモチベーションUPですね(笑)

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (0) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

Runtasticアプリ

アプリは走りだす時には

Runtasticアプリ
Runtasticアプリ

こんな感じで「アクティビティ開始」を押しすとカウントダウンが始まり計測が始ります。表示されている数値は位置や内容も好きな物に変えることができるのでとても使いやすです。

Runtasticアプリ
Runtasticアプリ

これは走った軌跡にスピード毎に異なる色で表示される機能です。自分のスピードが乗った所や逆にペースが落ちた所が直ぐに解るようになっています。

Runtasticアプリ
Runtasticアプリ

この画面が私は一番好きです。何故なら「スプリット」を0.5kmや1km、5kmなど細かく出来るためランニングの後から反省に使えるからです。最初飛ばし過ぎは後半の走りに・・・・・などなどです。

いづれにしても「Runtasticアプリ」はとても完成されたアプリだと思います。500円は安いです。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (0) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

ランニングアプリについて

走るには「目標」が必要です。

私の場合は「血圧を下げる」と言った目標なのですが継続して行うには成果を残せるアプリはないかとスマホアプリを探してみました。

最初利用したのは

RunKeeper ランニング
RunKeeper ランニング

このソフトは「無料」で使えて結構内容も良い、走行中にランニングコーチが今のスピードやペースを知らせてくれるのでとても便利です。しかし欠点は蓄積したデータグラフ化し確認するには「有料」登録が必要なことです。

Nike+ Running ランニングソフト
Nike+ Running ランニングソフト

このソフトは流石に世界のブランドだけあって無料で使えて充実したソフト、御近所さんのランニングも検索できたりで面白いが私の欲しかった年間評価などが自動でグラフ化される機能が見当たりませんでした。

RuntasticPRO ランニング
RuntasticPRO ランニング

最後に辿りつたのがRuntasic PROです。

最初「無料」のRuntasicを使ったのですが音声コーチが数キロで終了してしまうため500円を払いPROにバージョンアップです。

このアプリの素晴らしのは走行した地図にスピード・ペースなどで色分けして表示されることや細かく週・年など区切って自分を評価できる、室内でのトレッドミルも簡単に登録できるなどこのアプリなくてランニングは出来ない程のアプリです。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (0) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

健康管理と血圧

先ず、私の血圧が健康管理でご指導いただくまでの血圧値を書いてみます。

1.平成23年7月15日 血圧・高138低86

2.平成25年2月9日  血圧・高157低103

3.平成26年2月22日 血圧・高147低101

4.平成26年12月5日 血圧・高164低107

4回目の164の時に健康管理から「お手紙」を頂きました。血圧管理のため最寄りの医院にて診察・指導を受けてください。・・・・・

このお手紙を受けてやはり「ショック」でした。確かに164の血圧は厳しいものがあります。ついに自分でも認めざる得ないところまできました。しかし、薬を飲まずになんとか改善する方法が無いかとNHKの特番でやっていた「酢」の効果とかなんでも試してみたい気分でした。

自分なりの健康管理について書いてみます。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (0) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

初めてのハーフマラソン参加

平成27年9月4日からマラソンを初めて最初の大会

名古屋シティーマラソンにエントリーしました。

大会に向けては練習で川沿いの道を何度もはしりました。

image6

上の図は月間の総合時間をグラフ化した物です。青色は「ランニング」黄色は「トレッドミル」です。マラソンを初めて3月の大会と焦りもあり連取を重ねたのですが冬の寒さには耐えられずトレッドミルを使いました。双方の時間を合計すると練習量はほぼ同じになります。大会月は体を休めるために練習量を減らしています。

この時点で21の練習での成果は「2時間50分」から「2時間30分」取りあえず大会の最低ラインは達成しているようです。(笑)

 

 

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (0) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)