カテゴリー別アーカイブ: 車のメンテナンス

リニアクルーズLC210をジムニーに取付(3)

普通ならハードを設定すると基本設定でクルーズが始まるのですがLC210は駄目です。(LC310はOK見たいです)

クルーズからのスロットルワイヤーは下記の位置でカシメています。

image6

 

全て取付けたらキーを差し込んで電気を供給して初期設定をします。

コントローラスイッチを右に付けるか左に付けるかなどの設定を行います。その後動作試験にはいるのですが私は電源をAccから取っていたせいかシステムが正常動作しませんでした。電源をIGから供給してOK。

一番悩んだのが「車速バルス設定」です。マニュアルには

dav
dav

2、車速パルスの設定手順として

1.右側のアドバイスを参考にお好みの速度で”SET”ボタンを押してください。と書かれていますが「お好みの速度」に設定するには速度表かなにかで決めるのかと・・・・悩みました。

今回初めてメーカに質問です。

答えは、まさかの道路を走行して規定に時速に入ったらボタンを押すとの回答。道路走行中に設定でした。

確かに文章を読むとその通りなのですが次のページには「車を走行させて」と書いてあり突然の「お好みの速度」と書かれては理解できませんでした。

で、実際の道路で設定も終わり恐る恐る試してみると

なんとジムニー君のペダルが勝手に動作しているじゃないですか!

感激です。

すぐにでも長距離を走りたい気分でいっぱいです。

長々と読んで頂きありがとうございました。また、クルーズコントローラを提供して頂いたSERIOUSさんありがとうございました。

 

(後書)

最初簡単だと思っていた取付ですがカーナビとは違いエンジンスロットルをコントロールするため「安全」への意識が全く違います。安易に取り付けると思わぬところで加速し大事故につながる可能性のある物、十分知識のある方がマニュアルを熟読してから取付ことをお勧めします。もし、あなたが中途半端なスキルと思ったら取付業者に是非依頼してください。メーカーホームページで沢山紹介しています。

 

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

リニアクルーズLC210をジムニーに取付(2)

コントローラの位置が決まれば次はソレノイドの入った本体とスロットル回りの作業です。

リニアクルーズLC210
リニアクルーズLC210

左の丸で囲んだのはスロットル部分です。既設のアウトラインに付属の金具で固定し新設しています。固定時に少し干渉するので付属の固定金具の角をグラインダーで削っています。

右の丸の部分は本体のソレノイドが入った部分です。これはラジエターフレームを使って固定しました。

image3

コントローラからのワイヤーは上の写真の黄色い線のように配置しました。左中央部にあるコンピュータの下コネクターには黄色い線が入っていますがこれは「エンジン回転」を取り出しています。

dav
dav

TMO210番と書いてるところです。

dav
dav

あとブレーキ部分ですが

dav
dav

の図面からコネクターの3と4番で取り出しています。

dav
dav

これで大体の配線は終了ですが一番大切なのはマニュアルに書かれた意味を十分理解し配線を行うことだと思います。私の場合カーナビなら大凡3~4時間で取付できます。しかし、このシステムは2~3日必要でした。

結構ハードルが高いです。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

リニアクルーズLC210をジムニーに取付(1)

先に旅ではジムニーと自作トレーラの組み合わせで名古屋から九州まで片道約800Kmを15時間走りましたが流石に夜通し走るのには無理がありました。そんな疲れも少しは軽減できるかと後付けクルーズコントローラの取付に挑戦してみました。

LC210
LC210

これはSERIOUSで販売しているクルコンと言われる後付けセットです。最初は「Rostra 250-1223 」も考えていたのですが機能面からLC210に決定しました。

取付作業はコントルールスイッチの取付とコントローラーの配線、そしてエンジンルームの作業に別れます。

まず、ジムニーはハンドル回りが狭いのでコントローラーを付けるとハンドルでほとんど見えなくなってしまいます。そこで3Dプリンターでコントローラ台を設計しました。

image5

実際にプリンターで印刷し取り付けてみました。

dav
dav

image

こんな感じです。感じはそれなりに良かったのですが目障りな感良くなかったです。

そこで改良

hdr
h

この位置に移動させました。この位置は運転ポジションから視線の先にコントローラのインジケータも見えてとてもGoodでした。このコントローラを固定するにあたり後ろにやはり3Dプリンターで補強プレートを作り入れています。

image4

これで結構丈夫になりました。

3Dプリンターて便利です。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (0) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

ランクルのタイヤ交換疲れます。(2)

先にタイヤ交換してから今日で2日経過しますので締め付け具合を確認しました。

IMG00214

結果4輪とも正常値で締め付けがされている事を確認です。これで当分は気にすることは無いのかなと思います。ひところタイヤ脱輪のニュースが社会問題となったこともありました。

で、なぜ自分でタイヤ締め付けまで管理しているかと言うと・・・・

以前酷い目にあっています。

家族5人ランクル74(77の前のランクル)でキャンピングトレーラを牽いてスキーキャンプに出掛けた時の事です。自宅を出てから1時間経過した旧国道を走っていた時タイヤに違和感を覚えました。パンク?、と思い車外にでるもタイヤ圧に異常なし(夜間で雨降りのためタイヤが滑ったと思い込み)。結局3時間走って目的のスキー場に付きました。翌朝スキー場の駐車場で気がついたのですがタイヤを締め付けているボルト6本中3本が折れしかも6個のナット全て紛失、タイヤが車軸にヒッカカッタ常態ではないですか(驚き)当時JAFに加入していたので直ぐにサービスを呼んだのですが修理は困難と言われ牽引して工場行きを提案されました。(山間部で修理工場が近くにないし休日で休み)

image4

 

※私のランクルは「全浮動式」なのでホイルが運良く残った。

image8

※半浮動式だったら帰れない・・・・

そこで、JAFには帰ってもらい背面についたスペアータイヤを外し後部荷室に入れ外した3個のナットを使って生き残った3本のボルトに固定し低速でトレーラを牽きながら自宅まで戻った経験があります。

※約30年前の話、3本の留めたタイヤでよく帰ったと今思うと怖い話です。

何故、3本のボルトが切断したか調べるとタイヤ締め付けに多くの整備士はエアーツールを使いしかもタイヤ脱落を恐れて設計以上のトルクで締める場合が多いと聞きました。まさしくボルトの疲労です。

この事件から車の整備士には必ずトルクレンチを使うように指示しています。

 

「ルーフテントジャパン」に戻る

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

ランクルのタイヤ交換疲れます。

夏日になるのに、冬用タイヤ使ってました。

今年は3月の雪などタイミング外れぱなし常態で気合いが入りませんでしたがやっと今日の休みを利用して交換をしました。ランクルのタイヤ結構重いのでたいへんです。

 

特に冬用は鉄ホイールなんで格別重いです。ジャッキを入れトルクレンチで緩め十字レンチで一揆に外す。冬タイヤ外したら懐中電気を取り出しディスクブレーキのブレーキシュの減りと油滲みをチェックです。

 

左からペンチ、トルクレンチ、十字レンチです。締め付けトルクはしっかり確認して走行中に外れないように注意が必要です。友人なんかトルクレンチを使わずに十字レンチに足を載せて蹴っている・・・これは絶対アウトですよね(笑)

取りあえず4輪交換したので1~2回走って〆増しですね、GW渋滞だろうな・・・・・・・

 

「ルーフテントジャパン」に戻る

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (0) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)