カテゴリー別アーカイブ: 3Dプリンター

カセットガスホルダーを印刷しました。

キャンピングトレーラーのシンク下に収納していたのですが固定されていませんでした。そこでカセットガスを固定するフォルダーを印刷してみました。まだ、完成ではないので実車には取り付けていません。

カセットガスホルダー上部

これがカセットフォルダーの上部です。

カセットガスフォルダー底部

これは底部で最新版になり中央はくりぬいています。

カセットガス上部印刷

印刷はABS樹脂を使ってみました。

カセットガス底部印刷

底部はカセットガスより0.2mm程大きくしてスンナリ入るようにしています。

カセットガス利用2

実際に取り付けるとこんな感じになります。先端についた金具はカセットガスをLPガスのホースに接続するためのアダプターです。

取付はまだなんですがカセットガスにハメたら「カッチ」と音がしてフォールド感最高でした。しかし、キャンプ移動では相当な振動も入るので固定バンドなんかも想定する必要ありかと思います。

次回は実際に使ってみたいと思います。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (5) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

ジムニーJB23 カップフォルダー3D

ジムニーのJB23にある「前席カップフォルダー」がセンターコンソールの後ろにあるため運転中にペットボトルを取り出そうとすると体が不自然で取りにくいので3Dプリンターで印刷してみましした。

カップフォルダー

丁度、コンソールのサイドブレーキの間に挟み込んで使います。ペットボトルは500mmから600mmの物が丁度張ります。

1image

挿入口は「オレンジ」色で夜間でも見やすいです。またボールペンを差し込めるようにしてます。

4image

このようにボールペンとペットボトル以外の眼鏡でも入ります。

2image

スポーツグラスもなんとか収まる感じです。

これらは3Dプリンターで約10時間かけて印刷しています。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (8) 共感 (2) まあまあ (0) そうは思わない (4)

改良ドアキャッチ

昨日作成した「ドアキャッチ」は取付ると雄雌のパーツが不自然な感じでした。これはパーツの入力角度を90度で設定したためでした。そこで今回は片方のパーツに角度を持てせて作成してみました。

DSC_0065

これは左右ともに角度を付けてます。

DSC_0066

実際の取付はこんな感じで「入力角度」が良い感じでできました。当然ドアのキャッチ具合も良い感じです。

DSC_0067

ドアキャッチは昨日はドアノブの下に取り付けたのですが今回はドアの最上部に付けてみました。この位置であれば不用意に人への接触が防げるを言った理由です。このアイデアはFBの友達市村さんからのご提案でした。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

3Dプリンターでドアキャッチを印刷しました。

自作トレーラでキャンプに出掛けると気になっていたのがドアの固定方法です。以前使っていたトレーラにはドアキャッチが付いてた。購入先を探すのが面倒なので3Dプリンターで印刷してみました。

ドアキャッチを設計
ドアキャッチを設計

こんな感じで設計したのですが、事前に何例かの試作をしました。

DSC_0064[1]

最初はこんなのを考えたのですが球体を上手くキャッチ出来なかった。

DSC_0055

 

DSC_0056

結局、大小色々ためして

DSC_0058

この形で実際にトレーラに取り付けてみました。

DSC_0062

DSC_0063

こんな感じですが少しキャッチが甘い感じなので残念ですが再度作り直しが必要です。結構気に入った「ドアキャッチ」を作るのて時間がかかりそうです。

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (2) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)

3DプリンターでLED照明のシーリングカバーを作りました。

先日キャンプ用円形LEDランプのフォルダーを作ってみて結構照明が強く雰囲気が悪かったのでシーリングカバーを作ってみました。

SnapCrab_NoName_2017-1-16_12-14-13_No-00

素材は透明のABS樹脂を使います。

DSC_0020

LEDランプと作成したシーリングカバーです。このカバーはグルーガンで接着しました。

DSC_0024

カバー無しの状態です。

DSC_0023

カバーを取り付けた状態、光が柔らかくなって高級感も演出できそうです。

DSC_0022

カバーは1.5mmの厚みで印刷しているのでうまい具合に拡散されて大満足です。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (2) まあまあ (0) そうは思わない (0)

3D プリンターで作るLED取付台

3DプリンターでLEDの取付台を印刷しました。

元々、トレーラの主照明は12Vの蛍光灯式のライトを使っていました。

IMG_20161223_125057

中央上にある円形の照明です。これは何年も前に買込んだ12V用のキャンピングカー用照明でしたが出番がなくこのトレーラで使用したのですがやはり「暗い」

そこで3Dプリンター用で最近のLEDライトと交換を考えました。

SnapCrab_NoName_2017-1-14_17-7-52_No-00

LEDフォールダーですね。

IMG_20161223_125640

緑色のLEDライト中央の穴に今回作成したLEDを取り付けます。穴に入ると爪がLEDを保持する仕掛けです。

IMG_20161223_130042

実際に完成して取り付けるとこんな感じです。LEDを差し込むと「カッチ」と音がして気持ちよく保持してくれます。

IMG_20161223_125608

これは参考に以前の蛍光灯式のカバーを外して並べてみました。

蛍光灯はやはり暗いしもう出番はないと思います。

3DプリンターはFlashForge Dreamerです。

 

この記事に貴方は「???」と評価します。
とっても良い (1) 共感 (0) まあまあ (0) そうは思わない (0)